1. HOME
  2. イベント
  3. おとぎぞうしの会
  4. おとぎぞうしの会(朗読劇)&みずかん朗読クラブ発表会

おとぎぞうしの会(朗読劇)&みずかん朗読クラブ発表会

■おとぎぞうしの会 朗読劇「たけくらべ」
■みずかん朗読クラブ 発表会「ちいさな花物語」
■北九州創作合唱団 ミニコンサート

12月11日 13:00~14:00


今回の朗読劇は、樋口一葉の「たけくらべ」です。遊郭の街に暮らす子供たちのお話で、〝擬古文(ぎこぶん)〟といわれる難しい言い回しの文体が用いられていますが、よく聞いてみるとなんとなく意味も分かってくるので不思議です。

《物語の冒頭文》

(物語の冒頭)廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火ともしびうつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來ゆきゝにはかり知られぬ全盛をうらなひて……

特殊な環境で育つ子供達の生活ぶりを描いた物語です。
初めて「たけくらべ」に触れるという方も、最初に少し解説しますので、ご安心ください♪
また、当日は水環境館の朗読クラブの子供たちの発表会もあります。
著:立花えりか「小さな花物語」を頑張って朗読しますので、ぜひご来館ください!

 

| おとぎぞうしの会

PAGE TOP